前へ
次へ

肩こりの根本的な原因は腹筋

肩こりの原因はスマホのやりすぎ、パソコン作業のしすぎといろいろありますが、同じくらい作業をしていても肩こりがひどい人とそうでない人がいます。違いはというと、やはり姿勢でしょう。あごとお腹を出して座り、肩が内側に入っているとこりがひどく溜まりやすくなります。座っているときにあごや腹が出てしまうのは、腹筋が弱いからです。逆に、お腹に力を入れて座ると猫背にもならず肩も内側に入りません。腹筋が弱いとどうしても、長く座っていると姿勢が崩れてきますので、まずは軽い腹筋運動をするのがおすすめです。何も腹筋がバキバキにならなくても、腹筋運動を習慣にすることでお腹に力が入りやすくなり、姿勢が改善されていきます。また、オフィスなどでパソコン作業をするときに、疲れてきた時こそ腹筋に力を入れて姿勢を正すと楽になったりもします。だらっとした姿勢は一見は楽をしているように見えますが、実はよけいに肩がこり、疲れを溜めているのです。

Page Top