前へ
次へ

肩こりとリハビリはセット

肩こりで病院を受診するなら、触診がありますから、薄手で着脱しやすい服装を意識しましょう。首から肩関節の状態をチェックしますが、具体的には僧帽筋などの過度な緊張が原因であれば、『消炎鎮痛剤』や『筋弛緩薬』などを医師が処方してくれます。ですが、こり固まっているのではなく、痛むのならば『トリガーポイント』治療が行われることもあるようです。いわゆる注射ですが、筋膜剥がしという言葉を耳にしたことはないでしょうか、圧痛点でありながら、関連痛を引き起こすこともあるようですから、癒着を剥がす治療が行われます。どちらにしても、医師による診断結果に納得してから対処、療法をしてもらいましょう。もちろん、最初に整形外科などを受診する人が大半でしょうが、根本的に改善させるためには理学療法士との治療も行うことになります。セルフケア(ホームケア)もできるように、マッサージや筋力アップのリハビリなどから、温熱療法などで肩こりの原因となる血行促進させるリハビリが行われるようです。

Page Top